花粉症

  • 花粉症の季節になると決まってぎっくり腰を起こしやすい。
  • 花粉症がひどくなると持病の腰痛が悪化したのではないかと思う。
  • 花粉症に毎年、悩まされている。
  • 花粉症の季節になると抗アレルギー剤が手放せない。

花粉症(季節性アレルギー)は腰痛を引き起こす大きな要因になっています。当院では腰痛と花粉症の 関係性を重く受け止め、花粉症と腰痛の治療を同時に行って参ります。

花粉症とは? 〜花粉症の実態を知る〜

主にスギやヒノキ、ブタクサなどの花粉が原因で、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどのアレルギー症状を引き起こすのが『花粉症』です。

 

これを季節性アレルギー性鼻炎と言います。

 

スギ花粉は2~4月、ヒノキ花粉は3~5月にかけて、イネ科は3月下旬から10月まで、ヨモギは夏から10月中旬頃、それぞれの飛散量がピークとなり、各花粉が重なる3月中旬から4月にかけて特に花粉症は悪化する傾向があります。

 

花粉症の発症にはIgE抗体と呼ばれる抗体が体内に入った花粉(異物)に対して対抗するために作られると、IgE抗体は長く体内に蓄積されていきます。

 

そこで、ある一定量が蓄積した状態でさらに花粉が入ってくると、IgE抗体は花粉と結合した際にヒスタミンなどの炎症物質が分泌され、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどのアレルギー症状を引き起こしていきます。

 

鼻粘膜や結膜に存在する白血球の一種であるマスト細胞やIgE抗体は花粉である抗原が体内で結合すると、ヒスタミンやロイコトリエンなどの化学伝達物質が放出されアレルギー症状が出現します。

 

このようなアレルギーですが本来は異物に対する免疫反応であり、体が花粉を外に出そうとするためにくしゃみで吹き飛ばしたり、鼻汁や涙で洗い流そうとします。

花粉症と腰痛の関係性 〜 なぜ、花粉症はぎっくり腰を引き起こす強い要因になるのか?〜

このような季節性アレルギーである花粉症が慢性腰痛を引き起こす主な原因は、アレルギー反応により生じた持続性の慢性炎症が原因だと考えられています。

 

この炎症は、体がアレルゲンである花粉(抗原)を排除しようとすることによって発生するわけですが、その際、腰椎などの神経細胞を興奮させてしまうことが腰痛を悪化させるのではないかと考えられています。

 

季節性アレルギーにより腰痛や関節痛が増えるもう1つの要因は慢性疲労です。アレルゲンと戦うために体は24時間ずっと働き続けているため、全身状態が悪くなり体力は落ちて疲れやすくなることが腰痛を悪化させる要因になるといわれています。

 

また、くしゃみ、咳、などの強い刺激が筋肉や関節の痛みの原因になります。

 

実はアレルギーと腰痛の関連性がアメリカの先行研究で明らかとなっています。

 

1920年代には慢性的な筋肉痛には食物アレルギーが関係していることが発表され、1950年代にはアレルギーと「突然の激しい痛み」の間に同様の関連を示し、アレルギー症状の1つとして腰痛が挙げられています。

 

また、それに関連してアレルギー歴のある患者は腰痛やうつ病に苦しんでいると訴える確率が通常の50%も高いこと発表されました。失禁やアレルギーがある女性はそれらがない女性より腰痛発症リスクが高いと結論付けています。

 

アメリカサウスカロライナ州にある職業・環境医学センターの医師は慢性腰痛患者の中でアレルギー治療を受けに来る人を調べたところ、アレルギー症状と腰痛の両方の治療目的で受診された患者は実に花粉が多い時期に集中していることがわかっています。

 

腰痛を引き起こす原因がアレルギーと関係しているわけですが、このアレルギー症状が起こると各神経叢は過敏になります。過敏性が高いと周辺筋肉が硬くなって筋肉は防御反射を起こします。腹部(横隔膜・腹直筋・腹斜筋・腹横筋など)が過緊張しているわけです。すると腰の骨の可動性は悪くなり、痛みを引き起こすのです。

 

ただでさえ、硬く動かないのに、そこへくしゃみをすると上半身の筋肉を急激に収縮させることになります。すると背骨と周辺筋肉はガチガチに硬いままなのに強い衝撃が一気に加わり、腰椎はさらに痛みを生じるわけです。

 

この時、状態によっては肋骨損傷や肋骨骨折、あるいはぎっくり腰になることがあリます。

抗アレルギー剤の服用 〜 抗アレルギー剤を飲み続けると花粉症は改善する?〜

毎年、 花粉症は必ず訪れます。 花粉症がひどくなったら必ず耳鼻科に受診しますよね。そこで処方されるのは 鼻水を抑える薬であるとか鎮痛薬であるとか、抗アレルギー薬が処方されることになります。処方される期間は人それぞれだと思いますが、大体、2週間位ではないでしょうか?薬がなくなったらまた、受診して耳鼻科医に処方していただくという流れになると思います。

 

今では調剤薬局ではなくても、普通のドラッグストアで抗アレルギー薬を購入することができる時代になっています。それだけアレルギーは日本人にとって既に定着した症状であるということに他ならないでしょう。

 

これは1つの産業でもあると思います。 花粉症は日本人にとっては深刻な問題なんですね。

 

ひどい花粉症の場合、やはり、抗アレルギー剤を内服することで症状を抑えることは必要だと思います。しかし、この抗アレルギー剤をずっと服用しても、根本的にアレルギー体質が改善するわけではないので、このお薬だけに頼って生きるということは得策ではないと言えるでしょう ではどうすれば良いのでしょうか?花粉症を抑える薬を内服しながら花粉症治療を行っていくことが必要になってくるわけです。

では、どのようにして施術していくのか。 〜 脳脊髄液の流れを良くすることで、アレルギーは改善する〜

アレルギーを持つ患者さんの大半は脳脊髄液が脳内に溜まりすぎて、内側から脳を圧迫しているパターンがほとんどです。脳脊髄液の環流が悪くなることで自律神経は低下していきます。自律神経が低下すると必然的に各臓器へ送られていく脳脊髄液の供給量も減っていくため、全体的に臓器は機能低下する傾向があります。特に花粉症の場合はアレルギー疾患であるために肝臓や脾臓や、胆嚢が硬くなることで起こってきます。

 

脳脊髄液の環流が悪くなる要因として頭蓋骨の様々なところが硬くなっていることがよくわかります。例えば頭蓋骨の横に位置している側頭骨、頭蓋骨の蓋の役割をしている頭頂骨、脳脊髄液の環流を担っている後頭骨など、これらを触ってみるとすごく固いです。 脳脊髄液は頭蓋骨の縫合の部分が微妙に動くことによって脳呼吸しているので、縫合の部分が必要以上に固いと脳脊髄液はポンプ作用を失ってうまく環流しないんです。 この論理はアメリカのオステオパシー医学で既に明らかになっています。

 

実際に頭蓋骨を柔らかくする施術をすると、驚くほど頭蓋骨の動きは良くなり、一次呼吸、あるいは脳呼吸とも言われる クラニオセイクラルリズムは一気に元気を取り戻し、結果、 脳脊髄液の環流が良くなり全身の体液は循環しはじめます。

 

脳脊髄液の重要性なのですが、実は脳脊髄液が循環を始めると各臓器が活発化して元気になっていきます。すると、それに呼応して全身の血液の循環も良くなっていくのです。血液循環が加速するとそれに伴いリンパ液の還流も連鎖的に良くなっていきますから、まさに 脳脊髄液の環流を改善するという事は、全身の体液循環を活性化することにつながってくるわけです。

 

また、硬くなった肝臓を柔らかくすると、これまで鼻水でズルズルといっていた鼻づまりがあっという間に改善することがあります。肝臓ケアしても改善しない場合も当然ありますが、その場合は頭頂骨や後頭骨、側頭骨などをケアすると鼻づまりがすぐ解消することがあります。

 

日本の医学で考えると鼻づまりはアレルギーで鼻づまりを起こしているわけですから、ちょっと頭蓋骨をケアしたり肝臓ケアしたくらいでは改善しない、というのが通説ではありますが、実際、施術して改善できるという事は鼻づまりがアレルギーだけではなくて脳脊髄液の環流が悪くなり臓器や頭蓋骨が硬くなることで発症するわけです。