うつ

  • 精神科で抗鬱薬を処方されているけど、一向に治らない。
  • うつ病になる前の自分を取り戻したい。
  • うつ病からくる腰痛を改善したい。
  • うつ病が原因で、周囲の 人たちに迷惑をかけたくない。

うつ病って、精神病? 〜変わってきたうつ病の考え方〜

うつ病とは脳内の神経伝達物質のバランスが乱れることで気分やその時の感情をうまくコントロールできなくなり、食欲不振や脱力感、抑うつ気味や全身のだるさなどがおこる病気です。気分障害ともいわれます。

 

うつ病の程度がひどいと、自分から死にたいと思い込むことがあり、現代では悪性新生物、脳卒中、心筋梗塞に並んで4大疾病の1つとして挙げられるに至りました。

 

うつ病は一生の間に約15人に1人の割合で発病すると言われています。非常に身近な疾患になったといえるでしょう。うつ病は社会的にも抵抗があると思われる傾向があって、医療機関の受診に躊躇し、実際は4分の1程度の方しか治療を受けていないといわれています。

 

実はこのうつが原因不明の腰痛にも大きく関係していることがわかっています。

 

うつ症状の精神症状を列挙します。

  • 自分が楽しいと思うていたことや、興味がなくなってしまう。
  • 人とのコミュニケーションが嫌になる。仕事をしたくても気力がなくなる。
  • 憂鬱な気分や心の落ち込みがずっと続く。過去のことを思い出して悩む。
  • イライラする。集中力がなくなり、何でも自分の責任だと思い込んでしまう。

次は身体的特徴を挙げます。

  • 腰痛が強くなる。
  • 食欲不振があり、食べ物が美味しくなくなる。
  • 性欲や性的な関心が、極端に落ちる。
  • 食欲不振で体重がどんどん減少する。
  • 睡眠が浅くなり、早朝目覚めることが多くなる。
  • 微熱や低体温がある。
  • めまいや耳鳴りの症状がある。

うつ病はもともとの性格が関係しているものと言われていますが、以上のような方に注意が必要です。

 

 

脳内ホルモンであるノルアドレナリンが分泌されることで人は興奮作用を得ます。仕事であるとかスポーツであるとか、危機的状況とか、こういったことを乗り越えようとした時、人は緊張状態+興奮状態になります。すぐに機動できる、対処できる、こういった状態でなければ人は本当の力を発揮することができません。 車でいうとアクセルの役割を果たしていると言えるでしょう。 自律神経では交感神経が優位となります。

 

しかし、人はずっとその状態が続けられるわけではなくいつかは休息しなければなりません。そこで充満したノルアドレナリンを減らす必要があるわけです。その時に使われる神経伝達物質がセロトニンです。

 

この時、人は交感神経から副交感神経優位へと変わっていきます。 リラックスしたり深呼吸することで副交感神経はより働き、血管が拡張し血圧は下がり穏やかになっていきます。

 

うつ病の患者さんは、このセロトニンがうまく生成されないか、分泌することができない状態になり、ノルアドレナリンがずっと脳内にとどまっている状態になっています。

有名な精神科医の治療方法を見ていると、タンパク質を多く摂取することを推奨しています。 セロトニンを生成するにはタンパク質に含まれるトリプトファンという必須アミノ酸が必要になるからです。また、セロトニンは日光を浴びることで生成されるので、昼間まで寝ている患者は早朝に起床してもらい日光を十分に浴びて頂くことを推奨しています。

 

医療機関の治療法では抗うつ薬による薬物療法がメインになってきます。これはSSRIと呼ばれるものでセロトニンを補充する役割を持っています。

 

ここで問題があります。

 

実は抗うつ薬である SSRIが処方されてもその効果はおよそ半分程度と言われています。

 

抗うつ薬を内服していても実際はその半分ぐらいの人しか効果がないというわけです。これがうつ病治療の現実です。

うつ病と関係が深いクラニオセイクラルリズム 〜脳脊髄液と呼応した一次呼吸 クラニオセイクラルリズム〜

皆さんは、クラニオセイクラルリズムという言葉を聞いたことがありますか?

 

クラニオとは頭蓋骨のことです。セイクラルとは仙骨のことです。合わせてクラニオセイクラルリズムです。 このリズムは実は脳脊髄液と深く関係しています。脳脊髄液は血液から作られた 脳内の液体で、脳はこの脳脊髄液の中にポカンと浮いた状態にあります。脳脊髄液のプールが脳全体を守っているんです。頭をぶつけたときにも、脳脊髄液のプールがあるため衝撃が脳実質に直接伝わることなく未然に防いでいるのです。

 

脳髄液は血液から作られる約120mlほどの無色透明の体液で、側脳室から第三脳室、第四脳室、マジャンティ孔を経由して脊髄にかけて循環しています。脳脊髄液は内臓にも細かく分布していて神経伝達の大きな要となっています。これはアメリカ医療で特に注目されていて、この脳脊髄液の循環に合わせた生理的な拍動があることが発見されています。

 

呼吸には内呼吸と外呼吸があります。酸素を口や鼻から肺に取り込んで二酸化炭素とガス交換するのが外呼吸。肺胞内で 取り入れた酸素を赤血球である。ヘモグロビンを通して、全身の核細胞に供給筋供給された酸素は細胞の中でミトコンドリアとともにエネルギーとして吸収活用されることを内呼吸といいます。

 

この外呼吸を総じてアメリカオステオパシー医学では二次呼吸と呼んでいます。翻って、脳脊髄液環流によるクラニオセイクラルリズムはこの二次呼吸の前に必ず起こるものなので、「一次呼吸」と呼ばれています。CSFプラクティスの創始者、宮野博隆氏は脳呼吸と呼んでいます。

 

それには脊髄硬膜や脳硬膜が関係していることがわかっています。心臓の鼓動や呼吸と違い、非常に微妙な拍動でよくよく注意して凝らしてみないとわかりません。通常、クラニオセイクラルリズムは頭蓋骨の蝶形骨と後頭骨の動きが双方ともに開いていくと拡張期、逆に閉じていくと収縮期と呼びます。拡張期に脳脊髄液は脳内に貯留し、収縮期には脳内の脳脊髄液を脊髄に送り込みます。蝶形骨と後頭骨はこのパターンを絶えず繰り返すことで脳脊髄液を循環させているのです。

 

アメリカオステオパシー医学ではうつ病患者には決まって、クラニオセイクラルリズムが乱れていることがわかっています。

 

うつ病の患者さんを見ていると、蝶形骨が開いて(拡張期)、後頭骨が閉じる(収縮期)動作が見られます。一方では開いているのに一方では閉じているわけですから脳脊髄液が十分に循環しません。脳脊髄液を送り出すリズムが崩れているのです。

 

このような蝶形骨と後頭骨の動きを垂直ストレインと呼びます。

 

精神科ではタンパク質を摂取することでセロトニン補給することをベースに考えるんですが、アメリカオステオパシー医学では脳脊髄液の環流パターンを正常化した上でタンパク質を摂取することが推奨されているわけです。

 

これが日米での治療方法の違いです。この差は大きいと思います。

うつ病に圧倒的効果を誇る治療技術 〜セロトニンは盲腸や回盲部で作られる〜

アメリカオステオパシーでは内臓に注目した治療方法があります。これを内臓マニピュレーションといいます。

 

内臓マニピュレーションではうつ病治療として、特には盲腸をケアしていきます。実はセロトニンが腸内で作られる最も効率的な場所が盲腸であることがわかっているわけです。

 

盲腸はよく炎症を起こすと手術で切除するイメージが強いのですが、実際、ここを切ると結構、大変だと思います。セロトニンが大量に作られる場所が切除されるわけですから、ゆくゆく精神的に何かあったときにうつの懸念材料になる事は間違いありません。

 

当院ではうつ病治療においてこの盲腸の硬さを診ていきます。盲腸が硬いと当然、セロトニンを合成する能力が減少するために、脳内でのノルアドレナリンを中和することができず、うつ状態になっていくわけです。 そのためこの硬くなった盲腸を特殊な徒手療法で柔らかくしていきます。

 

盲腸は柔軟になると本来の役割を果たすためにセロトニンを分泌するようになります。これが腸をより元気にし、免疫力は向上し、自律神経機能が高まっていきます。その上で垂直ストレインとなった脳脊髄液の環流パターンを調整することでうつ病の根本ケアとするのです。

 

薬を使うわけではないので、当然、副作用はありません。最も安全で確実な方法がこのオステオパシー治療法と言えるでしょう。

 

このように脳と腸を同時に施術し根本的にうつを改善する治療法を脳腸相関活性療法といいます。

 

この治療法はアメリカオステオパシー医学の医師たちが考え出した画期的治療法で最新式の治療法になります。